自由が丘FMTV

自由が丘FMアナウンス講座 2月開講講座生募集

自由が丘FMTV番組出演者募集 
(88.0Mhz)
問い合わせ、03-5752-5023まで。

(自由ヶ丘FMTVは、微弱電波によるFM放送、Youtube,Facebook,Stickam,ツイキャス、ニコニコ生放送、
Instagramライブの8チャンネルで同時生配信しています。

「自由が丘FM」では、経験豊富なアナウンサーの指導による『自由が丘FMアナウンサー講座』が2月開講します。プロとしてのアナウンサーやキャスターを目指しているあなた、日常の生活やビジネスの中で美しく正しい日本語を使いたいと思っているあなた、話す仕事をされていて、もう一度基礎を学びたいあなた・・主婦、高齢者、社会人、そして学生の皆さん、年齢は問いません。
 必要なのは・・・・あなたの“言葉をきちんと伝えたい”という熱意だけさぁ、この機会にあなたも一緒に学んでみませんか?               

アナウンス講座は放送業界で活躍しているプロの講師陣によるスクールです。放送現場での 体験から得たアナウンスの基礎から、応用編としての「生きた言葉」、そして実際にFMスタジオでの番組制作を実習し、自由が丘FMで出演のチャンスもあります。今まで何気なく喋っていた日本語が、何と奥深く美しいものだったのかに驚かされ、更には、話すことがとても楽しくなっているご自分を発見することでしょう。        

●少人数制(多くて4人)の為きめ細やかな指導を受けられます。
●講師は放送業界で活躍するプロ。現場での体験に基づく授業
●入会金不要!安心の月謝制 
●場所は東急東横線「自由が丘駅」から徒歩4分。

●授業内容
 基礎編は専任講師が発声、発音を中心にお腹から声を出す「正しく美しい生きた話し方訓練」、応用編はラジオパーソナリティ、CM、ナレーション、ニュース等、 実際の仕事現場に則した原稿、台本を素材に授業を進め、スタジオ実習を通じて、本物の実力を身につけていきます。プロスタジオでのレッスンは実際に番組制作、ナレーション収録をしている録音スタジオでレッスンが行われます。スタジオブースが持つ緊張感の中でレッスンを進めることで、机の上ではわからないポイントが見え、お喋りの技術が更に身に付きます。 
●カリキュラム 
●アナウンス基礎〈基礎編〉6か月
アナウンスの概要、発声発音・活舌・アクセントの基礎知識、原稿読みの基礎と練習方法、フリートークの基本など.
●スタジオ実習〈応用編〉 6か月
毎回、基礎技術の訓練と確認を行なったあと簡単な課題を実際にアナブースで録音、講座卒業時には実際に番組を自分の手と声で作っていただきます。
<講師陣>現FM局アナウンサー、自由が丘FMパーソナリティ
代表講師:関戸祐守(元和歌山放送・FM大阪アナウンサー・全国FM放送協議会事務局長)
●講座概要
<期間>2023年2月~2024年1月 (基礎編6か月、引続き応用編6か月)             
 
Zoomを使ったリモート授業 別日にリアル授業も可能です

<場所>自由が丘FM 教室およびスタジオ
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-33-7 内海ビルⅢ 302号
 自由が丘FMスタジオ(東急東横線「自由が丘駅」から徒歩4分)

無料体験レッスン・(自由が丘教室)

1月 9日(月)14時(90分)
1月12日(金)14時(90分)
1月15日(日)11時00分(90分)
1月18日(水)19時(90分)
1月23日(月)19時(90分)

・申し込み(体験レッスン・資料請求)
電話又はFAX、メールで
電話 03-5752-5023                
FAX 03-5752-5024
Mail ana@c-m-n.co.jp
    1.「体験レッスン希望」と明記
    2.参加希望日 時間
    3.受講希望コース(予定)
    4.氏名
    5.連絡先住所
    6.連絡先電話番号(携帯可)電話又はメールでお申し込みください
無料等体験レッスン申し込みは 
03-5752-5023
ana@c-m-n.co.jp

・授業時間(クラス単位)1~3名の少人数レッスンです
月曜日 夜19時~21時
水曜日 朝10時半~12時半 
水曜日 夜19時~21時
土曜日 昼13時半~15時半
土曜日 夜18時~20時       
日曜日 昼13時半~15時半  

・授業教室 
〒158-0083   東京都世田谷区奥沢6-33-7内海ビルⅢ302
「自由が丘FMスタジオ内」

・受講料 
教室授業10,000/月3回/月 
 (入会金・教材費不要)
・ オンライン授業(ZOOM) オンラインの場合=8000円/2回/月
(日程は相談)

・申し込み(体験レッスン・資料請求)
電話又はFAX、メールで
電話 03-5752-5023                
FAX 03-5752-5024
Mail ana@c-m-n.co.jp

● お問い合わせ・資料請求先 ●       
電話 :03-5752-5023 
FAX:03-5752-5024
e-mail:ana@c-m-n.co.jp
HP:https://fmjiyugaoka.jp
自由が丘FMTVアナウンス講座事務局

代表講師:
関戸祐守 (元和歌山放送 FM大阪アナウンサー・FM世田谷アナウンス講座専任講師・現自由が丘FM代表

講師 関戸祐守

教室の地図
158-083
東京都世田谷区奥沢6-33-7内海ビルⅢ302号室(自由ヶ丘駅4分)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
修了書授与

日本語の発声・発音

 人と人との関係を支えるものがコミュニケーションです。コミュニケーションとは個人と個人との間で考えを伝えます。そして通常私たち日本人は日本語で、しかも話し言葉で相手に自分の意志を伝えようとしますが時には確実に伝わったかどうか不安になることもあります。そのことは相手に理解された場合と誤解された時とが存在します。従って私たちは日常「話す」という行為にもっと注意を払わなければなりません。
 一人の人間が言葉を習得していく過程は幼児期における母親からの影響が一番大きいと言われます。さらに小学校時代に決定的なものを身につけてしまいます。それ故に母親と小学校の教師による日本語教育こそ最も大切なわけでその人間一生の言葉の生活を決めてしまうとさえいえます。
 音声には呼吸と発声と調音の3つの条件が必要です。調音とは聞きなれない人もいるかも知れませんが声門(声帯から上の音声器官)が呼気に対して必要な位置をとったり運動をしたりすることをいいます。発声は呼気によって声帯を振動させて音を発することをいい、発音、つまり言葉を形づくる音を出すこととは概念に多少の相違があります。
 これまでも日本の国語の教育は発声・発音が大切だと思われながら実際にはきちんとおこなわれていませんでした。日本語の発声・発音の訓練は全ての基本になるものです。相手にこちらの意志が伝わらないからといって声を大きくしたり、高い声を出すことではなく、一語一語明確に発声・発音することが重要で、そう思うだけでなく実際に各自が声として出してみることが必要です。幼児や児童を始め人々にきちんと発音指導するためにはその指導者である親や教師や私たちが明確で美しい日本語の発声の範となるべきと考えます。
 日本人のための日本語「ことばのアトリエ塾」は日本語の指導者としての訓練を行います。

youtube 自由が丘FMTV(標準画像)の生放送過去の番組をご覧いただけます

サイトリンク

自由が丘FMTV 中心サイト
アナウンス講座
朗読教室自由が丘せせらぎ朗読会
youtube
朗読日和

自由が丘FMTV概要

◆所在地 〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-33-7 内海ビルⅢ 302号室

◆代表 関戸祐守 
和歌山放送アナウンサー
FM大阪取締役アナウンサー
現自由が丘FMTV代表

◆☎  03-5752-5023
◆FAX 03-5752-5024
◆Mail
(総合)   sekido@c-m-n.co.jp
(アナ講座) ana@c-m-n.co.jp
(朗読講座) rodoku@c-m-n.co.jp
◆HP
(総合) https://jiyugaokafmtv.jp
(アナ講座) https://c-m-n.co.jp
(朗読講座) https://jiyugaokafmtv.net

スタジオ地図

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢-33-7内海ビルⅢ302号 
☎03-5752-5023 sekido@c-m-n.co.jp

お問い合わせ リクエスト